リノベーションとの違いは?リノベーションやリフォームのことが良く分かるポイントを解説!

このサイトでは、リノベーションやリフォームのことをきちんと知るために、良く分かるポイントを解説していますので、違いが分からない人はまずは情報収集のために目を通しておきましょう。建物の状態によっては、本格的に修繕した方が良い場合と簡単な手入れをすれば良い場合とがあります。実際に行うことになった場合に、失敗を回避するためのコツについても説明していますので、理想の家づくりのために学んでおくことが大切です。

リノベーションとの違いは?リノベーションやリフォームのことが良く分かるポイントを解説!

リノベーションとリフォームを同じような意味合いで使っている人も多いのですが、この二つには明確な違いがあります。リフォームの場合、老朽化した建物を新築の状態に戻すことを言い、外装の塗り直しやキッチン設備の変更、壁紙の張替え等が該当します。それに対し、リノベーションは既存の建物に大規模な工事を行うものであり、原状回復するのではなく住まいの機能を新築の状態よりも向上させたり、価値を高めたりすることです。つまりマイナスの状態からゼロに戻すのがリフォームであり、プラスアルファの価値をつけるのがリノベーションですので根本的な意味合いが異なります。具体的には、デザイン性を高めたり耐久性を高めるために壁の補修を行うことが該当します。

リノベーションを失敗しないために成功方法を考える

住宅リノベーションするためには、まずしっかりとした業者選びが重要になります。業者選びをする場合には、その業者がどれだけ成功してきたかを確認しておきたいところです。数多くのリノベーションをしているようなところは、安心して任せることができるかもしれません。これに対して、リノベーションの経験がない場合にはそもそも大きな問題になりかねないわけです。そこで、まず業者選びをする際に口コミなどを判断することが必要です。この点をいい加減に行うと、失敗してしまう可能性があるため注意をしなければいけません。成功するためには、緻密に計画を練り情報を調べることが大事になります。 次に重要な事は、リノベーションの方向性を明確にしておくことです。方向性が明確になる場合には、概ねうまくいきやすいと言えるでしょう。しかし方向性が不明確の場合には、一体何をしたらよいのかわからず結局業者に任せきりになってしまうかもしれません。そうすると理想とする形にならないケースが多いため、そこで失敗の烙印を押されてしまいます。最終的に納得ができるものができ上がる場合には、やはりそれなりの時間がかかるものです。焦って行うのではなく、しっかりと計画を立てた上でじっくりと進めるべきでしょう。

キッチンのリノベーションで注意すべきポイント

キッチンのリノベーションを行う際に、最近流行のアイランド形にしたいと言う人も多く、現代の技術ではこれが可能となることも多いものです。しかしアイランド型の場合には一般的なものとは異なり、様々な問題が生じることも多いため、事前にこの点を十分に意識してリノベーションを行うことが必要です。 アイランド型は中央にシンクやガスレンジまたはIHレンジ等を配置するスタイルであり、周囲が壁などに覆われていないため非常に開放的であることがメリットですが、この壁がないために収納スペースを確保することが非常に難しくなります。またガスや水道の配管なども部屋の中央まで引き回さなければならないため、この工事が非常に大掛かりなものとなり、コストが増大する事は言うまでもありません。加えて、ガス等を取り扱うためこれに対する防火対策なども行いにくいと言う問題があり、そのための様々な工事を実現する必要があります。キッチンのリノベーションを行う際には、このような課題を十分に意識して行うことが必要です。

リノベーションした家やマンションの部屋について

ここでは、リノベーションした家やマンションの部屋について考えてみます。マンションをリノベーションして間取りを変更することで、古くから建てられた中古物件や都心にある小さな部屋でも快適な住み空間を実現可能です。ここでは、マンション間取り図を決める前に確認すべき推奨工事内容を説明します。また、リノベーションの間取り図変更の総費用、各施工内容の価格帯・デザインに優れた施工例も公開します。間取り図を失敗させないために、ポイントと注意事項を確認する必要があります。まずは、「既存の和室を居間と連続空間にする」・「居間の隣に新しい和室を設置する」・「やや盛り上がった(=階段状)和室を設置する」などの考えがあります。引き戸や引き戸を全開にすることで、居間の延長として和室をデザインするのに便利です。家事の合間の休憩スペースとしてご利用可能です。このようにリノベーションは、間取りやデザインについてよく考えることが大切です。

リノベーションの定義とリフォームとの違いを知ろう

リノベーションとリフォームは、しばしば似たような意味で用いられることが多い用語です。しかし、国土交通省や建築業界団体ではこれらは定義で明確に区別しています。 国土交通省では、新築をする際の目論見とは違う次元に建物を改修することをリノベーションと呼びます。これに対して、リフォームは新築をするときの目論みにできるだけ近づくように復元することとしており、目論見通りにするか、新築時とは別の方向にしていくかで2つの用語を使い分けています。 一方、一般社団法人リノベーション住宅推進協議会は、機能や価値の再生のために行うの改修、および住まい全体に対処した包括的な改修をリノベーション、原状回復のための修繕や不具合が生じている箇所への部分的対処をリフォームと呼びます。この団体では、改修を包括的に行うか、部分的に実施するかで2つの用語を区別しており、国土交通省とは区別の仕方が異なります。このように、用語の定義は組織によって異なっているので注意しましょう。

リノベーションでおしゃれな空間を手に入れよう

リノベーションは近年人気の手段です。古い民家や建物を安く手に入れて自分の好みに作り変えていくのは見ているだけでもワクワクするものです。リノベーションと聞くと難しくて手間がかかりそうなイメージがありますが、最近では簡単にできる道具がたくさん販売されているので挑戦しやすくなりました。通常おしゃれな空間を求めようと思ったらお高めの費用がかかってきますが、自分でリノベーションをするとお手頃な費用で好きな空間を手に入れることができるのも魅力です。壁紙一つ変えるだけでもお部屋の雰囲気は変わりますので、まずは壁紙から挑戦してみるといいかもしれません。もし方法がわからなければインターネットで調べるとわかりやすく紹介してくれているので活用するといいでしょう。リノベーションは自分の好きなように作り変えることができるので、その可能性は無限です。自分で作業をすることによって愛着も湧いてくるのでより大事な空間が出来上がります。

リノベーションは暮らしやすさを追求することが重要

リノベーションはリフォームに比べて様々な大胆な間取りの変更などを行うことができるため、ついつい奇抜なものとなりがちな傾向にあります。日本の住宅は古くは小さな部屋を数多く作ることで個人のプライバシーを重要視する傾向が強くなっていましたが、現在では家族が常にお互いに目の届くところにいることが重要視されるようになっており、欧米風の生活スタイルが定着するようになりました。そのため、リノベーションは古い住宅を現代の暮らしやすい住宅にするために利用されることが多くなっています。 リノベーションはこの暮らしやすさを追求することが大切であり、その中には光熱費の削減など実質的な問題も含まれます。家族が1つの場所に集まる機会が多くなることで、これまで分散して使用されてきた冷暖房器具も1カ所で使用することが多くなり、光熱費の削減につながるものです。このため、リノベーションは総合的な暮らしやすさを考慮して行うことが重要なポイントとなっています。

リノベーション工事をする前に住宅診断で状態のチェックをする

中古物件をリノベーションして住む場合には、契約や工事をする前に住宅診断をしておくことが重要です。中古物件の状態のチェックをすることによって、現在の建物の劣化状況や不具合などを正しく把握することができるため、適切なリノベーション工事にいかせます。また、住宅のどの部分の改修に力を入れたらよいのか、計画している工事に不必要なものはないかなどの判断材料になり、リノベーションのコスト削減につなげることも可能です。住宅診断の内容としては基礎周りや外壁面などの建物外部、居室内の床や壁、天井や屋根裏の各種設備など多数あります。さらに、建物全体の耐震性能や耐火性能などが基準を満たしていることや、外から見えにくい部分に経年劣化がないかなどのさまざまな状態を確認する必要もあります。状態のチェックの公平性を担保するためには、工事を依頼する会社などとの利害関係のない第三者的な立場にある専門家による点検をしてもらうのが安心です。

中古物件とリノベーションの相性の良さとは

生活をしていくときに衣食住が必要となりますが、衣食住の中でも住まいは絶対に欠かせないです。安全に生活できる家がないと、基本的に身の安全を守るようなこともできません。そのため賃貸や住宅を買うことによって、各自で住まいを確保していかないといけないです。新築を買うと高額な費用がかかりますが、中古住宅であれば新築よりも少ない費用で買うことができます。 ただ中古住宅のまま生活をすると、満足度が下がってしまうようなリスクがありますから、基本的にはリノベーションを組み合わせるのが大切です。中古物件もリノベーションすることによって、新築に近いような状態にすることができますから、快適に生活することができる住まいを確保することができます。リノベーションと中古物件の相性はいいので、セットでサービスを利用していくと安心です。中古住宅を探すサービスとリノベーションを同じ業者で利用できるケースがありますから、そのような業者を利用するとスムーズに目的を達成することができます。

中古住宅を新築のようにするリノベーション

中古住宅が人気のない最大のポイントは、その間取りが現在の生活様式に一致していないことです。古い日本の住宅の間取りは家族一人一人が個室を持つことが理想であった時代のものであり、そのために小さな家であっても部屋の数が非常に多いのが特徴でした。そのため一つ一つの部屋は非常に狭く、息苦しい印象を持つことも少なくありません。 リノベーションを行うことで現在の生活様式に合った広い空間を実現することができ、その古さを感じなくするようにすることができるのがポイントです。中古の賃貸マンションを購入しリノベーションを行うことで入居者を増やすことができたり、また自分の古い住宅をリノベーションすることで家族が一緒に過ごすことができる新築住宅のような雰囲気を味わうことができます。これまでは新しい住宅でしかこの現代的な生活様式を味わうことができないと考えられていましたが、リノベーションを行うことによって、快適な生活を実現できるのがメリットです。

リノベーションに関する情報サイト
リノベ通

リノベーションとリフォームを同じような意味合いで使っている人も多いのですが、この二つには明確な違いがあります。リフォームの場合、老朽化した建物を新築の状態に戻すことを言い、外装の塗り直しやキッチン設備の変更、壁紙の張替え等が該当します。それに対し、リノベーションは既存の建物に大規模な工事を行うものであり、原状回復するのではなく住まいの機能を新築の状態よりも向上させたり、価値を高めたりすることです。つまりマイナスの状態からゼロに戻すのがリフォームであり、プラスアルファの価値をつけるのがリノベーションですので根本的な意味合いが異なります。具体的には、デザイン性を高めたり耐久性を高めるために壁の補修を行うことが該当します。

Search