リノベーションで良くある失敗!リノベーションで成功に導く回避のコツとは?

リノベーションで良くある失敗!リノベーションで成功に導く回避のコツとは?

おしゃれで暮らしの豊かさを感じられるリノベーションを実現しようと、必要以上に意気込んでしまった結果、使いづらく暮らしにくい住まいとなってしまったなど、失敗例も少なくないものです。もちろんリノベーションを行ったことによって、上質で素敵な暮らしを実現できるケースも多くありますが、その裏側には「こんなはずではなかった」という事例が多数存在しているものです。まずは大きな後悔をせずにリノベーションを成功できるような、入念なプランニングが必要であることは言うまでもありません。それをふまえて成功につなげていくためには、自分たちが暮らす場所の生活動線を入念にシミュレーションして、必要な設備とそうでないものを見極めつつ、予算に見合った内容となるように施工会社との打ち合わせを行っていくことが失敗回避に有効です。自分の思いを強く持ちすぎてしまい、使いにくいプランとなってしまうという例は大変多いものです。暮らしやすく上質性を感じられるプランとするには、豊富なノウハウを有しているリノベーションの専門会社を頼ってみることがおすすめです。トラブルを回避し、納得の行く仕上がりとなることが期待できます。

リノベーションが失敗する理由の1つは曖昧な目的

折角リノベーションをしたのに失敗した、その理由にあてはまることの1つは曖昧な目的ではないでしょうか。リノベーションはリフォームと違って、修繕に留まる改修ではありませんから、目的を明確にしてどこをどう変えるのか決めることが不可欠です。計画に基づきGOサインが出てからリノベーションの開始となるので、一見すると失敗はあり得ないと思いがちです。しかし実際には何かが違うと感じたり、違和感が残ってしまうようなケースはあります。明らかにやり直す必要がある仕上がりではなくても、作り直したいと感じることは十分にあり得ます。工事のミスでリノベーションが上手くいかない場合は別ですが、工事が無事に完了しているのにもやもやが残る場合は、根本的に何かが間違っていると考えるのが妥当です。その何かというのがまさに掲げるもの、目指すべきところで、ゴールが曖昧なことからゴールできたかどうかすら曖昧になってしまうのが、そもそもの問題ではないでしょうか。

リノベーションに関する情報サイト
リノベ通

リノベーションとリフォームを同じような意味合いで使っている人も多いのですが、この二つには明確な違いがあります。リフォームの場合、老朽化した建物を新築の状態に戻すことを言い、外装の塗り直しやキッチン設備の変更、壁紙の張替え等が該当します。それに対し、リノベーションは既存の建物に大規模な工事を行うものであり、原状回復するのではなく住まいの機能を新築の状態よりも向上させたり、価値を高めたりすることです。つまりマイナスの状態からゼロに戻すのがリフォームであり、プラスアルファの価値をつけるのがリノベーションですので根本的な意味合いが異なります。具体的には、デザイン性を高めたり耐久性を高めるために壁の補修を行うことが該当します。

Search