リノベーションとリフォームの違いは?建物の状態によってリノベーションは新たな選択肢になる

リノベーションとリフォームの違いは?建物の状態によってリノベーションは新たな選択肢になる

住宅市場においては新築物件が根強い人気を誇りますが、近年では中古物件を購入した後で改修工事を行い、リフレッシュさせたうえで快適な住環境を獲得するという手法も注目されています。こうした手法は一般にリノベーションと呼ばれていますが、やり方次第では新築に劣らぬほどの魅力的な住まいを実現することも可能です。 ところで、住宅の改修工事にはもう1つ、リフォームという手法もあります。両者ともに一種の業界用語であるため明確な定義があるわけではありませんが、通常はリフォームが壁や床の傷みを補修したりシステムキッチンを交換したりといった「新築当時の状態へ戻すこと」を目的とした工事を指すのに対し、リノベーションは間取りの変更などを伴う大規模な工事を指すという使い分けがなされています。 したがって、たとえば交通アクセスや周辺環境は自分の希望にぴったり合う物件を見つけたが間取りが自分の家族構成に合わないといった場合、従来はあきらめて他の物件を探すか我慢してそこに住むか以外に選択肢がありませんでした。しかしリノベーションを行えば、間取りも自分好みに変えられるので自らの手で理想に近い物件にすることが可能です。

リノベーションとリフォームではその主たる目的は異なります

ひとつの建物に長く住んでいれば、様々な不満や物足りなさを感じてしまいがちです。その不満などには家の明るさや間取りについてであったり、使い勝手の悪い部分があったり新しい設備が出た時に比較した時に思う事です。その間取りや使い勝手の悪さを根本的に変更し、自分たちが快適に生活できるようにするのがリノベーション工事です。建物の中に広い空間を作ったり開口部を大きくすれば、全体的に明るい家にする事ができます。今よりも天井高を高くすることも、有効な方法のひとつになります。使い勝手の悪さには生活動線に不満があることもあり、これも間取りの変更で充分に対応できます。このように、現状抱えている不満な所や不便だと感じる場所を、生活してきた体験に基づき改良する工事がリノベーション工事です。対してリフォーム工事とは長い期間住んできて、老朽化した建物や設備を新しいものに入れ替えることを指します。新築した当時の建物に戻すことを目的とする工事がリフォーム工事であり、建物に大きな変更を加え付加価値を増す工事をリノベーション工事と言います。

リノベーションに関する情報サイト
リノベ通

リノベーションとリフォームを同じような意味合いで使っている人も多いのですが、この二つには明確な違いがあります。リフォームの場合、老朽化した建物を新築の状態に戻すことを言い、外装の塗り直しやキッチン設備の変更、壁紙の張替え等が該当します。それに対し、リノベーションは既存の建物に大規模な工事を行うものであり、原状回復するのではなく住まいの機能を新築の状態よりも向上させたり、価値を高めたりすることです。つまりマイナスの状態からゼロに戻すのがリフォームであり、プラスアルファの価値をつけるのがリノベーションですので根本的な意味合いが異なります。具体的には、デザイン性を高めたり耐久性を高めるために壁の補修を行うことが該当します。

Search